ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

メニューの終端です。

あしあと

    地域医療連携室

    • [公開日:2022年4月1日]
    • [更新日:2022年4月1日]
    • ID:192

    ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

    地域連携案内

    南奈良総合医療センターには地域医療連携室を設置し、地域の医療機関や介護関連施設との連携の窓口として、次のような活動を行います。

    地域の医療機関との連携の推進

    地域の医療機関からのご紹介をいただいた患者さんの診療が円滑に行われるように、事前に診療の予約を行っております。地域医療機関の交流やレベルアップを目指した研修会等を企画してご案内します。

    在宅医療の推進

    住み慣れた地域で安心して生活できるように住民の皆さんをサポートします。そのために、地域の診療所、訪問看護ステーション、介護事業所などとの連携を密にしていきます。また、退院後の在宅療養の準備や転院のお手伝いなどを専任の退院調整看護師と医療ソーシャルワーカーが行っております。どうぞ、お気軽にご相談ください。
    当院には、在宅医療支援センターが設置されています。病気や障がい等のため自宅療養をされる方、褥瘡(じょくそう)処置、持続点滴など医療的処置が必要な方、寝たきりやそれに準じた状態で通院や薬の管理が難しい方などを対象にしていますので、ご相談ください。

    南奈良総合医療センター・吉野病院・五條病院の連携

    新しい南和の公立病院体制は、急性期医療を担う南奈良総合医療センター、慢性期を担当する吉野病院と五條病院で構成されています。地域の医療をしっかり支えていくためには、3病院が効率よくシームレスに連携することが重要です。地域医療連携室のスタッフはそれぞれの病院に配置されており、緊密に連絡を取り合って3病院の運営を支え、患者さんの順調な回復に貢献します。

    退院支援へのご協力のお願い

    南和広域医療企業団では、急性期から慢性期まで切れ目のない医療提供体制を構築し、3つの病院で連携を図っています。

    病院の連携図
    • 「急性期」とは
      病気やケガが生じた後、最初に集中した治療を受ける病院
    • 「回復期」とは
      症状が落ち着き、からだの機能をできるだけ取り戻すためにリハビリを中心とした治療を受ける病院
    • 「慢性期とは」
      少し時間をかけ、生活機能の維持・向上のための治療を受ける病院

    南奈良総合医療センターの役割は?

    当院は、地域医療支援病院の承認を受けた、急性期病院です。
    地域の医療機関から紹介のあった緊急もしくは重症な患者さん、救急搬送された患者さんが多数来院されることから、その方々を直ちに受け入れるための病床を確保する必要があります。
    そのため、当院で必要な専門医療が終わり、病状も安定した患者さんで、引き続き入院治療を要する方は、回復期や慢性期の病院に転院をお願いすることがあります。

    主な業務内容

    1. 紹介患者さんの予約診療
    2. 当院への転院相談
    3. 療養相談(医療・介護・看護)

    予約受付について

    平日(月~金)午前9時~午後4時
    ※祝日年末年始は受け付けておりません

    ファックスは24時間受信可能ですが、時間外のお申込みにつきましては、翌日の(休日の場合は休日明け)の受付となりますので、ご了承ください。

    診療予約の方法 ファックス:0747-54-5074

    1.予約のお申込みは「診療 診療情報提供書(兼)予約申込書」をファックスで送信ください。受診日時を調整のうえ「紹介患者さん予約通知書」をファックスで返信いたします(午前9時~午後4時まではおおむね30分以内で行います。)

    2.患者さんに「紹介患者さん予約通知書」「診療情報提供書(紹介状)」をお渡しいただき、予約日時に地域医療連携室の受付(「(2)紹介状をお持ちのかた」の窓口)へお越しいただくようお伝えください。

    持参していただくもの

    • 診療情報提供書
    • 検査データや画像データなどの添付資料
    • 診察予約票
    • 保険証
    • 当院の診察券(お持ちの場合)

    3.患者さんの受診については「受診報告書」でファックスでお知らせし、診療の詳しい結果は「診療情報提供書」で、後日報告いたします。

    結核患者さん(疑い含む)の診療予約の方法

    検査予約の方法 ファックス:0747-54-5074

    1.予約のお申込みは「上部消化管内視鏡検査 診療情報提供書(兼)予約申込書」をファックス(0747-54-5074)で送信ください。検査日時を調整のうえ「検査予約票」「検査説明書」「検査同意書」などをファックスで返信いたします(午前9時~午後4時まではおおむね30分以内で行います。)

    2.貴院にて、検査についての説明、中止薬がある場合の指示を患者さんにお願いいたします。

    3.患者さんに「診療情報提供書(紹介状)」と上記書類をお渡しいただき、予約日時に地域医療連携室の受付(「(2)紹介状をお持ちのかた」の窓口)へお越しいただくようお伝えください。

    持参していただくもの

    • 診療情報提供書(内視鏡検査 担当医 宛)
    • 検査データや画像データなどの添付資料(必要なものがあれば)
    • 検査予約票、検査同意書など
    • 保険証
    • 当院の診察券(お持ちの場合)

    4.検査結果は「診療情報提供書」で後日報告いたします。

    入院支援窓口のご案内

    当院では患者さんが安心して入院できるよう、支援窓口を設置し、専任の職員が以下の取り組みを実施しています。

    1. 入院案内説明
    2. 看護師による入院前情報の把握
    3. 外来と入院病棟との情報共有および連携
    4. 退院後の生活を見据えた退院調整部門との連携

    患者さんご本人と付き添いのご家族様ご一緒にお越しください。
    面談は、20~30分程度かかります。お急ぎの方はご相談ください。

    入院が決まりましたら、(2)番窓口にお越しください。

    2番窓口の写真

    2番窓口

    患者相談窓口の写真

    患者相談窓口

    入院決定→(2)番窓口で受付→患者相談窓口で説明

    転院相談 電話:0747-54-5072

    1. まず、地域医療連携室にお電話にてご相談ください。(直通電話:0747-54-5072)
    2. 診療情報提供書と看護サマリーご準備ください。(直通ファックス:0747-54-5074)
    3. 転院の可否については当院で検討のうえ後日ご連絡いたします。
    • 連絡先
      直通電話:0747-54-5072
      直通ファックス:0747-54-5074
    • 受付時間
      平日 午前9時~午後5時
      ※当日の転院相談受付時間は平日午前9時~16時

    療養相談 電話:0747-54-5072

    地域医療連携室では、当院に通院中または入院中の患者さんにおいて、病気に関して起きているさまざまな問題についてのご相談に応じます。個人の秘密は厳守していますので、どうぞお気軽にご相談ください。

    • 相談日:月曜日~金曜日(祝日年末年始を除く)
    • 相談受付時間:午前9時~午後4時
    • 電話:0747-54-5072(直通)
    • 場所:1階 地域医療連携室

    地域医療連携室お問い合わせ 連絡先

    • 電話:0747-54-5072(直通)
    • ファックス:0747-54-5074(直通)
    • 受付時間:月~金(祝日年末年始を除く)8時30分~17時15分

    地域医療連携センター開設

    令和3年4月1日より南和広域医療企業団:南奈良総合医療センター、五條病院、吉野病院で独立しておりました地域医療連携室を内部的に統合し、より一層の病病・病診間連携を進める目的で地域医療連携センターとして再出発することになりました。内部的統合でありますので、今までお変わりなくご連絡をください。

    地域医療連携センター室スタッフの写真
    • センター長(南奈良総合医療センター室長・副院長):小畠 康宣
    • 副室長(事務局次長):大西 和徳
    • 副室長(看護副部長):南口 淳子
    • 退院調整看護師:師長 西川 富子、主任 山口 紀代美、堀田 由香
    • 入院支援看護師:椿本 佳世、稲森 みなみ
    • 医療ソーシャルワーカー(社会福祉士):係長 堀川 純、柳原 よしみ、東川 奈穂子、荻原 久美
    • 事務:西村 和也

    ※令和3年7月1日より
    医療ソーシャルワーカー:係長 堀川 純 五條病院へ異動。
    医療ソーシャルワーカー:係長 今中 智洋 吉野病院から着任。

    お問い合わせ

    南和広域医療企業団南奈良総合医療センター地域医療連携室