南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

薬薬連携

お知らせ

次のような内容をご紹介しています。

各種お知らせ

採用薬情報

当院の電子カルテシステムに登録されている薬剤の一覧です。

疑義照会の方法について

当院発行の院外処方箋の処方内容について疑義がある場合には、薬剤部に処方内容疑義照会票をFAXして照会してください。
当該処方箋とともに薬剤部宛にFAXしてください。
 
受付時間 平日 8時30分~17時15分

上記時間以外は電話連絡をしてFAXをお願いします。

院外処方箋における疑義照会の流れ

※後発医薬品の変更調剤(先発→後発・後発→後発)をされました場合の情報提供は不要です。患者さんに対する「お薬手帳」や「お薬説明書」での情報提供を徹底して頂きますようお願いいたします。

院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコルについて(運用開始:2019/5/1~)

薬物治療管理の一環として、調剤上の典型的な変更に伴う疑義照会を減らし、患者さんへの薬学的ケアの充実および処方医や保険薬局の負担軽減を図る目的で「院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコル」を運用しています。

院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコル

当該処方箋とともに薬剤部宛にFAXで報告してください。

院外処方箋における疑義照会簡素化プロトコルの新規合意について

本プロトコルを適正に運用するために、開始にあたってはプロトコルの趣旨や各項目の詳細について当院担当者からの説明をお聞きいただいた上で、確認書を交わすことを必須条件としております。本取り組みへの参画を希望される保険薬局は、当院薬剤部までご連絡ください。

連絡先 0747-54-5000(代)
南奈良総合医療センター 薬剤部 
受付時間 平日 9時~17時

服薬情報提供書(トレーシングレポート)について(運用開始:2018/4/1~)

保険薬局にて即時性は低いものの「処方医師への提供が望ましい」と判断された内容についてFAXにて服薬情報提供書を送信願います。医師へ情報伝達を行い情報の共有化を図ります。
また、疑義照会簡素化プロトコルを用いて残薬調整を行った際は、必ずトレーシングレポートによる情報提供をお願いしておりますので、こちらをご利用ください。

当該処方箋とともに薬剤部宛にFAXで報告してください。

南和医療圏で働く専門職のための「おくすりの困りごと 相談シート」 について(運用開始:2019/4/1~)(改訂:2019/9)

南和地域ならではの地域密着・多職種連携の取り組みとして、患者様それぞれの生活状況を多職種で共有し、さまざまな角度からサポートするため、南和地域で活動する薬剤師が集まり「おくすりの困りごと相談シート」を作成しました。この相談シートは、南和地域で活動する医療・介護等専門職が活用することを目的に作成しております。在宅で生活される患者様のおくすりに関する困りごとやご相談がありましたらご活用下さい。

調剤過誤報告について

調剤過誤対応手順

過誤発覚後速やかに報告をお願いいたします。医師への報告は薬剤部より行います。医師に指示や判断を仰ぐ必要がある場合は薬剤部から医師へ連絡し、内容をお伝えします。報告書の提出は過失を問うためではありません。報告書の提出期限について、第1報は当日中にお願いします。最終報告は処理が終了次第速やかにお願いします。
調剤過誤の内容、対処などについては「調剤過誤報告書」(様式は問わず)に記載のうえ、当該処方箋とともに薬剤部宛にFAXで報告してください。

院外処方箋への検査値の表示について(運用開始:2020/1/6~)

地域の保険薬局と連携し令和2年1月6日(月)より、患者さんにより安全で安心な薬物療法を提供するため、患者様の検査値の一部を処方監査に必要な情報として、院外処方箋に表示することといたしました。
表示される検査項目、基準値など詳細につきましては、下記をご覧ください。

留意事項
過去100日以内に測定された直近の値です。(空欄の場合は、100日以内に測定された値がありません。)

採用薬情報

採用薬一覧

新規採用薬の審議結果について