南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

薬剤部

  • 概要
  • 取り組みと実績

部門紹介

薬剤部の組織は大きく分けて南奈良の三病院(南奈良総合医療センター、五條病院、吉野病院)より構成されています。
南奈良総合医療センターを拠点とし、従来の調剤業務はもとより、入院患者さまへの医薬品の説明や副作用モニタリングを行う薬剤管理指導、他職種と関わるチーム医療への参加、適正な薬物療法の実施による治療効果の向上を目的とする医薬品情報の提供など、様々な業務を担い貢献しています。
これからも、患者さまの個別治療に対し最適な薬物療法が安全に実施されるために、必要とされる場で薬剤師の職能を生かした業務を行い積極的に他部門と協力・連携していきます。

理念

「当病院が掲げる理念に基づいて、患者さまのために何ができるかを常に考え、寄り添い、行動できる薬剤師になります。」

基本方針

医療安全の推進:患者さまの薬物療法の安全を確保します。
適正使用の推進:薬剤の適正使用と効率的な薬物療法に貢献します。
チーム医療の参加:チーム医療の一員として積極的に参加し、力を発揮します。
生涯学習の推進:高い知識と技術の習得に努めます。
健全な病院経営への取り組み:医療経済を視野に入れた健全な病院経営に貢献します。

業務紹介

調剤業務

主に入院患者さまのお薬を調剤しています。

処方内容を確認し、お薬の用法用量や投与時間などの管理、副作用チェック、ハイリスク薬管理など適正使用に努めています。

また、無菌室での高カロリー輸液や抗がん剤の混合調剤も行っています。

1.調剤支援システム

調剤支援システムに連動したそれぞれの機器により、薬品取り違えミスと調剤過誤の防止は勿論ですが、調剤の時間短縮による合理化に努めています。

調剤室にある機器類の紹介

全自動錠剤包装機
2種類以上の錠剤を用法ごとに振り分けて包装する装置です。
入院患者様の服薬管理を担い、病棟での看護師による投薬支援を行います。

全自動錠剤払出機
PTPシートのまま計数調剤をする装置で、調剤時の計数間違いと取り違えを防止しています。

散薬自動分包機
粉薬や粉砕指示の薬を用法用量に応じて均等に振り分けて調剤します。

自動水薬分注機と水薬監査台
水薬を自動で計数調剤することで調剤ミスを防ぎ、薬剤師の業務を合理化にも役立っています。

自動軟膏類混合機
2種類以上の軟膏やクリーム製剤を均等に混合する装置です。
小さいですが、混合調剤の時間短縮には不可欠で合理化に役立っています。

2.注射薬混合調剤

注射薬の混合時の不純物混入を防ぎ、患者様と調剤者の安全確保に努めています。

安全キャビネット
主に抗がん剤の注射薬混合調剤に使用します。
キャビネット内を陰圧にすることで、揮発性のある抗がん剤の吸入や暴露を防止します。

クリーンベンチ
主に高カロリー輸液製剤の混合調剤を行います。
ベンチ内を陽圧に保ち、輸液内への不純物混入を防いでくれます。

3.全自動注射薬払出機

電子カルテの処方オーダーを受付けると同時にアンプルおよびバイアル製剤の注射薬を一処方箋毎に払出しを自動で行っています。
注射薬の計数調剤の調剤ミス防止と払出し時のラベル作成をします。

薬剤管理指導業務

主に入院患者さまとのコミュニケーションを通して、お薬の飲み方・作用・副作用などを説明し、ご質問にお答えすることで患者さまにお薬に対する理解を深めてもらい、確実にお薬を使用していただけるよう寄り添いながらサポートしています。

病棟業務

患者さまに適正な薬物療法が実施され、安心してお薬を使用していただけるよう、医師や看護師をはじめとする多くの部署と連携しながら、処方されるお薬の管理を行っています。

持参薬管理

病棟業務の一環として持参薬管理をしています。

患者さまが入院時に持参されたお薬を確認させていただき、入院中に処方されたお薬との飲み合わせなどに問題がないか調べています。

患者さまに直接面談し服薬状況を確認し必要な情報を医師・看護師に提供しています。

患者さまへのお願い

入院されるときは、お薬手帳と共に、現在定期的にもらっている医師から処方されたお薬と、現在使用している市販薬およびサプリメントなどを、薬剤師にご報告およびお渡しください。

化学療法の管理および調製業務

安全で適切な抗がん剤治療を受けていただくために、患者さま毎に抗がん剤治療のスケジュールや投与量の管理を行っています。
患者さまと医療スタッフの安全のために抗がん剤の無菌的調製も行っています。

医薬品情報業務

適正な薬物療法の実施による治療効果の向上を目的として、医薬品に関する情報収集と整理を行い、病院の医療スタッフはもとより、患者さまに対しても医薬品情報を提供しています。

薬物治療モニタリング(TDM)業務

お薬によっては治療効果や副作用と、血液中のお薬濃度にある関係(相関)が認められているものがあることが判ってきています。この様なお薬の血中濃度を望ましい範囲内に収まるよう用法用量を調節し、患者さま個々に有効かつ安全な治療をサポートする業務を行っています。

麻薬管理業務

麻薬及び向精神薬取締法で厳格に定められている医療用麻薬について、適切に管理しています。

治験管理業務

新しく開発される「薬の候補物質」は、人での効き目(有効性)や副作用(安全性)を確認する必要があり医療の場で試験(臨床試験)をします。厚生労働省から「薬」として承認を受けるために行う臨床試験のことを「治験」と呼びます。その治験が適切かつ安全に行われるよう努めるために、治験薬の管理、治験関係資料の管理などを行っています。

スタッフ紹介

薬剤部長   1名
 副部長  2名
係長   3名
 部員  8名
 嘱託薬剤師  3名
 

17名で三病院の薬剤部業務を行っています。

薬学生実務実習の受け入れ

次世代を担う薬剤師を育成する責務は大学と現職薬剤師双方にあります。

「薬剤師として求められる基本的な資質」の修得を目指し、実践的な臨床対応能力を身に付けるための実習カリキュラムとして病院実務実習を行っています。

チーム医療への参加

糖尿病教室・腎臓病(CKD)教室・院内感染対策・栄養管理(NST)・医療安全対策・在宅医療・地域連携など、各チーム・委員会のメンバーとして他職種と連携して幅広く活躍していく予定です。