南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

リハビリテーション部

  • 概要

部門紹介・概要

南奈良総合医療センターでは急性期疾患の方の、リハビリテーションを行っていきます。2階と5階にリハビリ室があり、屋外庭園もあり環境は整っています。また、各専門職と連携をとり患者さんの早期在宅復帰をサポートしていきます。リハビリテーション部のメンバーは、専任医師の他、理学療法士14名、作業療法士5名、言語聴覚士4名です。みんな、明るく楽しいスタッフです。

スタッフ紹介

医師名 小畠 康宣
役職 副院長、リハビリテーション部部長
  • 専任医 1名
  • 理学療法士 14名
  • 作業療法士 5名
  • 言語聴覚士 4名

リハビリテーション部の役割

  • 発症早期よりリハビリテーションを開始し生活能力の低下を予防します。
  • 入院中に低下してしまった生活能力の改善を早期から目指します。
  • 地域連携を重視し社会復帰を支援します。
  • 高次脳機能障害や摂食機能障害に対してもアプローチを行っています。
  • 急性期治療が終了した後、必要に応じて回復期リハビリテーション病棟でのリハビリテーションも提供しています。

施設基準

  • 脳血管疾患リハビリテーション Ⅰ
  • 心大血管リハビリテーション Ⅰ
  • 運動器リハビリテーション Ⅰ
  • 呼吸器リハビリテーション Ⅰ
  • 廃用症候群リハビリテーション Ⅰ
  • がん患者リハビリテーション

脳血管疾患リハビリテーション

脳梗塞などで身体が不自由になった方のリハビリテーションです。
左から順に、理学療法、作業療法、言語聴覚療法の場面です。

運動器リハビリテーション

骨折の後や関節の変形などの方のリハビリテーションです。
特に作業療法では手の外科に対して専門的にアプローチしています。

呼吸器リハビリテーション

肺炎や人工呼吸器、在宅での酸素療法が必要な方のリハビリテーションです。
当院では呼吸療法認定士が3名います。

がん患者リハビリテーション

がんの手術前後や化学療法、緩和医療の方のリハビリテーションです。
当院では指定研修を修了したスタッフが6名います。

回復期リハビリテーション

5階リハビリテーション室です。回復期リハビリテーション病棟にあり入浴練習や畳での生活練習も行えます。

リハ庭園

リハビリ庭園です。階段やスロープだけでなく砂利道、飛び石、芝など様々な環境を経験することができます。