南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

教育体制

わたしたちは、このような看護師になれるようサポートします。

  • 南和医療圏における地域包括ケアの推進に貢献できる
  • 高い倫理観をもって看護が提供できる
  • 看護専門職として必要な知識・技術の向上に努め、根拠に基づいた実践ができる
  • 主体的に自己啓発し、キャリアアップができる
  • 専門職として役割と責務を自覚し、教育的役割が遂行できる

当院は、あなたのキャリア開発をサポートするため、様々な研修をしています。

教育理念

看護専門職業人として責任ある看護を実践し、地域に貢献できる看護師を育成します

教育方針

  • 南和医療圏の地域性を理解し、看護職として果たすべき役割を明確にできる
  • 科学的根拠に基づく思考と実践ができる能力を養う
  • 看護師としてふさわしい倫理的感性を育てる
  • 共に育ちあうための教育力を養う

平成30年度 看護部教育目標

  • 看護部における教育体制の基盤をつくる
    1)キャリア開発ラダーに基づき継続教育が行えるよう、教育体制を整備する
    (1)キャリア開発ラダーの運用を開始できる
    (2)キャリア開発ラダーを各自が活用できる
    2)マネジメントラダーを作成する
    3)e-ラーニングを活用し効率的に学習する
    4)新人看護職員研修の教育体制を整備する
    (1)実地指導者やプリセプターと部署スタッフが連携し、部署における教育体制の整備ができる
  • 根拠に基づいた看護を目指しケアの統一を図る
    1)急変時、初期対応力を高める 
    2)看護倫理に関する感性を高める
  • 教育担当者の教育力を高める 
    1)教育担当者研修(教育活動の他施設研修、ファシリテーター研修)へ参加し、委員会活動、担当研修で活用できる
    2)成人教育の視点を考慮し、研修企画ができる

研修内容

新人看護職員研修

  • 新人看護職員にはプリセプターと実地指導者がつき、職場への適応を支援します。
  • プリセプターは相談や心理的サポートや学習支援を、実地指導者は臨床実践の指導を行います。
  • 院内研修は教育委員会が研修プログラムを企画し、職場内教育と院内研修を連携させ、臨床実践力の向上を支援します。
  • 各自の経験に応じ支援するため、臨床実践能力や社会人基礎力を定期的に評価し、実地指導者と相談しながら看護実践を支援します。
  • 南奈良総合医療センター、吉野病院、五條病院の新人看護職員の合同研修を行っています。

新人看護職員研修 年間計画 (レベルⅠ研修含む)

4月 新人オリエンテーション

  • 院内見学・医療安全・感染対策・看護必要度
  • 看護技術演習・日勤業務シミュレーション

日勤業務シミュレーション
  • 部署シャドーイング終了後、日勤業務シミュレーションをします。
  • この研修を終了し、初めて、付き添いのもとメンバー業務開始します。

5月 1か月フォロー

6月 夜勤の心構え、夜勤業務シミュレーション、人工呼吸の管理(基礎編)

7月 迅速評価、SBARによる報告

奈良県看護協会 新人看護職研修にも参加しています。

9月 現状の振り返り、退院調整支援と診療報酬制度の理解

10月 急変時対応シミュレーション、気管挿管の介助

12月 看護まとめ発表

継続教育 院内研修計画

各自がキャリアアップを図れるよう、キャリア開発ラダーを作成しました。

新人看護職員を支える研修

開催月 実地指導者研修 プリセプター研修
5月 1か月フォロー  
6月 効果的な指導  
7月   現状の振り返り
9月 中間評価  
10月   現状の振り返り
1月 最終評価 1年の振り返り
3月 新実地指導者・プリセプター合同研修

キャリア開発ラダー別研修

1)レベルⅡ研修
開催月 研修内容
6月 フィジカルアセスメント①(基礎)
人工呼吸器の管理(応用編)
リーダーシップ研修Ⅰ(部署)
7月 フィジカルアセスメント②(呼吸・循環)
11月 フィジカルアセスメント③(消化器・脳神経系)
リーダーシップ研修Ⅰ
1月 ケーススタディ発表(部署)
2)レベルⅢ~Ⅴ研修
開催月 レベルⅢ研修 レベルⅣ研修 レベルⅤ研修
6月 リーダーシップ研修Ⅱ    
7月   リーダーシップ研修Ⅲ  
9月     リーダーシップ研修Ⅳ
10月 リーダーシップ研修Ⅱ    
11月   リーダーシップ研修Ⅲ  
12月     リーダーシップ研修Ⅳ
3)全体研修
開催月 研修内容
6月 認知症ケア(基礎編)
地域包括システムと在宅支援
7月 意思決定プロセスに関する理論の理解と活用
9月 せん妄について
10月 エンド・オブ・ライフ、看取りへのケア
11月 在宅医療支援:複雑な状況にある患者の在宅移行支援を考える
12月 認知症ケア(応用編)
伝達講習
1月 看護を語ろう
2月 看護研究の基礎

看護補助者研修

開催月 研修内容
6月 摂食・嚥下の基礎、食事介助(演習)
10月 トランスファー(演習)
12月 ポジショニング(演習)

専門領域

各分野の認定看護師や専従看護師から専門知識や技術を学びます

(救急看護、皮膚排泄ケア、緩和ケア、がん性疼痛看護、感染管理、糖尿病看護、手術看護、摂食嚥下障害看護、認知症看護、退院調整支援、診療報酬制度、BLS、ICLSなど)