南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

感染対策室

  • 概要

紹介

近年、感染症に罹患することにより、生命予後や療養生活に多大な悪影響を及ぼすことが問題となっています。特に入院されている方は抵抗力が低下し、通常では病気の原因とならない微生物や抗菌薬に抵抗性のある菌により感染症に罹患する危険がおおきくなります。 南奈良総合医療センターでは、患者さんはもちろんのこと、地域住民の皆様に安全・安心な医療を提供するために、感染対策の方針を決定する院内感染対策委員会および総合的な実務を担う感染対策室、院内感染対策チーム(ICT)を設置し、組織・地域横断的な活動を行います。

業務内容

  • 各種感染症の発生状況把握と対策の検討・実施
    耐性菌サーベイラン
    医療器具関連感染サーベイランス
  • 感染対策関連マニュアルの作成・改訂
    院内感染対策マニュアル
    抗菌薬マニュアル など
  • 外来および病棟ラウンドによる院内感染対策実施状況の確認・是正
    環境ラウンド
    感染対策確認ラウンド など
  • 抗菌薬使用状況の監視と適正使用の推進
    指定抗菌薬届出制度の実施
    抗菌薬ラウンド
  • 職員への感染対策教育
  • 地域の医療・福祉施設への情報提供と連携
    合同カンファレンス、相互評価の実施
  • 地域住民への感染対策に関連した知識の普及
    市民公開講座 など

来院される皆様へのお願い

感染拡大防止のため、以下のような措置を講じる場合があります。ご協力よろしくお願いいたします。

  • 疾患や症状に応じた病室・待合い・診察室などの隔離
  • 結核発生時の接触者調査、接触者検診(保健所と協力して行います)
  • 面会の制限、面会者の症状チェック、見舞い品の制限(インフルエンザ・感染性胃腸炎流行期)

スタッフ紹介

 
役職 資格・専門医など
室長 認定感染制御医師(ICD)/感染症内科部長
専従室員 感染管理認定看護師
専任室員 微生物検査技師、薬剤師