南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

糖尿病内科

  • 概要
  • 取り組みと実績

診療科紹介

診療方針

わが国において糖尿病患者様の数は急速に増加しており,南和地域においても例外ではありません。特に、糖尿病合併症としての腎不全による透析導入、網膜症による失明、足壊疽による足切断などは患者さまの生活の質を低下させる要因となりえます。当科では、現在増加している糖尿病患者様のために糖尿病診療を行う診療科です。南和地域の糖尿病診療専門機関としての医療機能を充実させるため、糖尿病専門医を中心に血糖コントロールが困難な症例や合併症の進んだ症例の治療を行います。このため、開業医の先生方との病診連携や糖尿病地域連携パスの普及促進を図ります。

対象となる症状・疾患

1型糖尿病、2型糖尿病、その他の原因による糖尿病、高血圧症

栄養指導、糖尿病透析予防指導、フットケア(外来)、服薬指導、理学療法、糖尿病教室(市民公開講座)、入院患者集団指導

インスリンポンプやCGM(持続血糖測定)も積極的に行っております。

スタッフ紹介

医師名 川野 貴弘
役職 副院長(内科統括)、糖尿病センター長、糖尿病内科部長、栄養部長、健診センター長
専門領域 糖尿病、高血圧、上部消化管、下部消化管
資格・専門医など

医学博士
奈良県立医科大学臨床教授
日本内科学会近畿支部評議員
日本内科学会認定医、総合内科専門医
日本糖尿病学会専門医、研修指導医
日本糖尿病協会療養指導医
日本消化器病学会専門医
日本消化器内視鏡学会専門医、指導医
日本透析医学会専門医、指導医
日本高血圧学会指導医

医師名 藤木 健吾
役職 医長
専門領域 糖尿病、腎臓病、透析
資格・専門医など

日本内科学会認定医
日本糖尿病学会専門医
総合内科専門医
日本医師会認定産業医
 

医師名 上島 純子
役職 嘱託医
専門領域 糖尿病
資格・専門医など

日本内科学会認定医、総合内科専門医
日本糖尿病学会専門医
日本糖尿病協会療養指導医

計3名

入院診療

糖尿病性昏睡で緊急入院した症例、血糖コントロールが困難な症例、合併症の進んだ症例などの治療を行います。また、インスリン自己注射やインスリンポンプの導入、糖尿病血糖コントロール入院、糖尿病教育入院、糖尿病腎症に対する慢性腎臓病(CKD)教育入院などを行います。

外来診療(糖尿病センターでのチーム医療)

糖尿病は、食事療法、運動療法、内服薬の継続服用、インスリン自己注射や血糖自己測定など自己管理が大切な病気です。この自己管理の方法を直接患者様に指導するのが日本糖尿病療養指導士(CDEJ)という専門資格を持った医療スタッフです。当院には約17名のCDEJと1名の奈良糖尿病療養指導士(CEDなら)が在籍しており、患者様の糖尿病療養指導をサポートします。そして、医師・歯科医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・検査技師・歯科衛生士・理学療法士・作業療法士など多職種で構成される糖尿病チームが、糖尿病合併症を含めたトータルケアを実施します。また、総合医療センターとしてのメリットを活かし、他診療科の協力により、糖尿病の合併症(腎症、網膜症、神経障害、心臓・脳血管疾患、足病変、歯周病等)に対応します。