南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

小児科

  • 概要
  • 取り組みと実績

診療科紹介

診療方針

子どもの発達と成長をその家族と共に見守り、可能な限りの援助とトータルケアを実践することで、特に少子化が進む南和地域において、次世代に希望を与える医療をめざす。なお、重症児の対応は県立医科大学附属病院と連携して対応する。

診療受付時間

<受付時間>

8時30分から11時30分
夕診:18時30分まで

<診療時間>

1診:
  • 9時から12時
  • 14時から16時(予約外来)
  • 17時から19時
夕診(17時から19時の診療)は、事前に電話連絡が必要です。
2診:
  • 9時から12時
  • 14時から16時(予防接種、予約制)
    ※2月〜10月の間は、月・水・金の受付となります。
    ※11月〜1月の間は、月、水、木、金(但し水・木はインフルエンザのみ)

対象となる症状・疾患

肺炎、喘息など呼吸器疾患、胃腸炎など消化器疾患、てんかん、胃炎など小児の急性・慢性疾患につき広く対応します。また、低身長や発達についての相談、食物アレルギーなどの診断、治療、そして予防接種外来では一次・二次の予防接種(予約制)を行います。

スタッフ紹介

医師名 寺田 茂紀
役職 部長
専門領域 小児疾患全般、特に血液、神経
資格・専門医など

医学博士、日本小児科学会専門医

医師名 矢追 博章
資格・専門医など

日本小児科学会専門医 

医師名 西川 有希

入院診療(急性期)

小児科専用病床10床を整備し、入院療養が必要な患者の診療を行う。診療に際しては、各専門診療科のコンサルテーションを得ることにより、診療機能の向上を図る。

外来診療(急性期)

救急病院の外来診療において、感染症を中心とする急性疾患については、時間内はもとより、できる限り時間外でも受け入れる体制を構築する。また、午後からは発達、予防接種(二次)、育児相談のほか、腎臓病、喘息、てんかんなどの慢性疾患の診療を専門外来として診療を行う。診療に際しては、各専門診療科のコンサルテーションを得ることにより、診断機能の向上を図る。

チーム医療(センター機能)

救急センター→小児の救急患者に対応する。また、現在実施している中南和小児輪番体制を維持する。