南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

脳神経外科

  • 概要
  • 取り組みと実績

診療科紹介

診療方針

脳神経外科はくも膜下出血・脳内出血や脳梗塞などの脳血管障害、脳腫瘍や脊髄腫瘍に代表される腫瘍性病変、頭部外傷に伴う頭蓋内血腫、脊椎・脊髄神経疾患や末梢神経疾患などに対して主として手術という手法で治療する診療科です。南和地区では高齢化も進み、特に脳血管障害は突然発症して生命の危機に至るだけでなく後遺症を残しその後の生活や家族に深く関係する疾患として重要であり増加傾向にあります。南奈良総合医療センターでは救急医療機能を高め特に脳卒中に力を入れて皆さんの健康に貢献したいと考えています。脳卒中の診断・治療は進歩が著しく、発症4時間半以内の超急性期では血栓溶解療法(t-PA療法)やカテーテルを用いた血管内手術を行え、また慢性期でも脳卒中再発予防に効果的な血行再建術(CEA・CASやバイパス術)を行うことで患者さんの予後の改善が期待できるようになってきました。脳神経外科領域では例え患者さんの病状が同じでも、年齢、合併症の有無、患者さんの生活・家族環境、人生観により治療方針を変えねばならないことが時に生じます。ガイドラインを準拠しつつ常に患者さんの希望を考慮したテーラメイドの治療に心がけ診療したいと考えていますので、気楽に声をかけ私達に相談して下さい。また高度専門医療については県立奈良医大付属病院と連携し対応いたします。

対象となる症状・疾患(こんな症状の人はご相談ください)

  • 手足の麻痺(力が入らない)・しびれ
  • 頭痛
  • めまい
  • 言語障害(言葉が出ない・呂律が回らない)
  • 視力障害・複視(両目で見ると二重に見える)
  • 歩行障害
  • ふらつき(千鳥足・歩行時に傾く)
  • 顔面の痛み・痙攣
  • てんかん発作

このような症状でお困りの際は、ご気軽に脳神経外科を受診しご相談下さい。

スタッフ紹介

医師名 石田 泰史
役職 副院長・救急センター長
専門領域 脳血管障害 、脳腫瘍・脊髄腫瘍 、脊椎・脊髄外科
資格・専門医など

医学博士
奈良県立医科大学臨床教授・非常勤講師(脳神経外科学)
日本脳神経外科学会指導医・専門医
日本脳卒中の外科学会技術指導医
日本脳卒中学会認定専門医
臨床研修指導医
日本医師会認定産業医
介護支援専門員

医師名 枡井 勝也
役職 脳神経外科部長
専門領域 脳血管障害・脳卒中、脳腫瘍・脊髄腫瘍 、神経内視鏡手術、脳神経外科全般
資格・専門医など

医学博士
日本脳神経外科学会指導医・専門医
日本脳卒中学会認定専門医
日本神経内視鏡学会技術認定医

医師名 浅田 喜代一
役職 脳神経外科医員
専門領域 脳神経外科一般

入院診療(急性期)

脳血管障害、脳腫瘍、脊髄腫瘍、脊椎疾患、脳脊髄外傷、末梢神経疾患などの精査・診断・加療を行います。術後も早期の離床を目指し、必要に応じてリハビリテーションへと連携して行きます。

入院診療(回復期)

脳血管障害、脊髄損傷、脳腫瘍などで手足の麻痺、嚥下障害、失語、高次脳機能障害などが残存している患者さんに対しては急性期が終わり安定期になり次第回復期病棟に転棟して頂き、より積極的なリハビリテーションをチーム医療で行い、より早い社会復帰・在宅復帰を目指して行きます。

センター機能

救急センター

「へき地での救急医療」はこれまで人的な不十分さやその非効率さから極めて困難なテーマでした。当院ではこれを解決する為にICT技術を用いて、搬送患者さんの画像・データを各科専門医にリアルタイムに転送してコンサルトを行い、質の高い診断と治療計画を行える体制を構築しました。これにより急性腹症、多発外傷などの対応が可能となり、脳神経外科領域では迅速に脳卒中や頭部外傷の診断・治療そして超急性期脳梗塞にはt-PA療法をチーム医療として行うことが可能となります。またくも膜下出血には患者さんの病態に応じて速やかにクリッピング手術、血管内手術(コイリング)を行います。脳内出血には神経内視鏡を用いて局所麻酔下で小開頭の低侵襲頭蓋内血腫摘出術などを行います。

検診センター

発症前に病気を発見し治療することで手術の成績は格段に良くなります。脳神経外科ではMRI・MRA・頸動脈の超音波検査・血液検査など侵襲の無い検査で脳ドックを行い、未破裂脳動脈瘤や脳腫瘍の早期発見と脳梗塞発症リスクが高まっている患者さんの診断を行い、治療方針を提案します。また最近増加傾向の認知症や頸椎病変の診断についてもオプション検査で受診して頂け早期の治療につなげます。

主な疾患とその治療法

脳血管障害

脳卒中(くも膜下出血・脳内出血・脳梗塞)は当院救急センターと連携し、迅速に診断・治療をいたします。くも膜下出血は根治性の優れた出血源の破裂動脈瘤のクリッピング術を原則に患者さんの状態・動脈瘤の位置や形状により血管内手術(カテーテルによる治療)も使い分けて安全に治療を行います。また開頭手術では術中にvideoangiographyを併用したりmicrovascular Dopplerを用いて手術の精度を上げる工夫を行います。

脳内出血は原則として低侵襲を目指した神経内視鏡を用いた血腫摘出術を局所麻酔下で行います。

脳梗塞は超急性期の血栓溶解療法(t-PA)や慢性期には再発予防に血行再建術を中心に行います。

脳動脈瘤のクリッピング手術前後の血管撮影像

脳内出血の術前後CT画像例

神経内視鏡を用いて局所麻酔下に小さな穴から血腫の摘出を行います。

脳腫瘍・脊髄腫瘍

腫瘍の種類(悪性度)や場所、患者さんの状態(合併症・年齢・生活、家族環境・人生観や宗教観など)総合的判断を行い、一人ひとり最適な治療を計画します。摘出手術は安全性を第一に考え、ナビゲーションシステム、神経内視鏡など最先端の手術支援システムやモニターを駆使して顕微鏡手術を行います。また定位放射線治療や化学療法なども必要に応じて組み合わせ、治療計画を行います。

髄膜腫の摘出術前後のMRI画像

腫瘍は安全に全摘出されています。

脊椎・脊髄・末梢神経疾患

手足のしびれや歩行障害の原因として、脊椎・末梢神経障害が起因していることが多いですが、整形外科でも診断加療を行っている分野です。脳神経外科は特に神経機能温存を重点に安全性・低侵襲と機能予後を最重視し顕微鏡手術を行います。

神経外傷

急性硬膜下血腫・急性硬膜外血腫・脳挫傷・慢性硬膜下血腫などに対して病状に合わせた迅速な加療を行います。

機能的脳神経外科

日常生活の支障になる顔面痙攣や三叉神経痛で内科的治療の効果がない場合はマイクロサージェリー技術を用いた手術を行います。

その他

水頭症、感染性疾患(脳膿瘍・硬膜下膿瘍など)