南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

内分泌代謝内科

  • 概要

診療科紹介

脳下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎、性腺などの内分泌臓器の異常が原因のホルモンの病気全般について、耳鼻咽喉科(甲状腺、副甲状腺疾患)、泌尿器科(副腎疾患)、脳神経外科(下垂体疾患)や奈良医大とも連携をはかり、専門的かつ適切な診断・治療に力を入れています。また糖尿病や高脂血症、高尿酸血症、肥満、メタボリック症候群、骨粗鬆症などの代謝疾患についても、ホルモン異常による二次性のものの鑑別を含め診断治療にあたります。

対象となる症状・疾患

下垂体機能低下症、ACTH単独欠損症、成長ホルモン分泌不全症、尿崩症、先端巨大症、巨人症、クッシング病、プロラクチノーマ、TSH産生腫瘍、バセドウ病、橋本病、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、亜急性甲状腺炎、甲状腺腫大、甲状腺腫瘍、副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、高カルシウム血症、低カルシウム血症、インスリン産生腫瘍、ガストリン産生腫瘍、クッシング症候群、原発性アルドステロン症、褐色細胞腫、副腎腫瘍、副腎皮質機能低下症、先天性副腎過形成症、性腺機能低下症、ターナー症候群、クラインフェルター症候群、低身長、性発育不全、低血糖、糖尿病、高脂血症、ホルモン異常による二次性高血圧、肥満症、メタボリック症候群など

スタッフ紹介

医師名 榑松 由佳子
役職 部長
専門領域 内分泌代謝疾患全般
資格・専門医など

日本内科学会認定内科医・総合内科専門医
日本内分泌学会内分泌代謝専門医