南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

救急科

  • 概要
  • 取り組みと実績

診療方針

当院は二次救急医療機関として救急センターにおいて、主に入院を必要とする緊急性の高い患者の診療を24時間体制で行っており、当院における救急車搬入数は年間約4000件を超えており県内有数です。

救急科で診療する患者は救急車で来院した患者や、看護師が一般外来の診察に耐えられないか、緊急度が高いと判断した救急患者です。救急車で搬入される患者は軽症から重症まで急病や外傷を臓器・重症度に関わらず救急科が診療を始めます。救急医による診療の特徴は緊急度の判断であり、緊急度の即座の判断によって必要があれば蘇生処置を並行して行う場合もあります。救急医が救急搬送患者の診療を開始することで質と安全性に優れた医療が提供可能となると考えています。救急医による診療で専門科医師による治療が必要と判断した場合には、専門科医師と連携して早期治療を開始します。救急科では重症患者の入院治療も行っており、多発外傷や集中治療が必要とされる重症患者等が対象となっています。全ての救急疾患・外傷の診療を行うことで地域医療に貢献し、研修医教育と研究活動を通じて救急医療の向上に努めています。

スタッフ紹介

医師名 植山 徹
役職 救急科部長
専門領域 救急・外傷・集中治療・災害医療・病院前医療
資格・専門医など

日本救急医学会専門医

奈良県立医科大学救急科臨床教授
日本DMAT隊員・統括DMAT隊員
厚生労働省認定臨床研修指導医

医師名 鶴田 啓亮
役職 救急科医員
専門領域 救急・外傷・集中治療・病院前医療
資格・専門医など

JATECインストラクター
日本救急医学会専門医

3次救急医療機関との連携

当院では対応困難な急性虚血性心疾患に対するカテーテル治療や広範囲熱傷、多発外傷に対する緊急手術、体外循環管理などは奈良県立医科大学付属病院高度救命救急センター等の3次救急医療機関との連携で対応しています。

病院前救急医療と災害医療、ドクターヘリ運営

2017年3月より奈良県ドクターヘリの運営が開始され、当院屋上ヘリポートが拠点となっています。奈良県のほぼ中央に位置する当院からは約15分で奈良県全域に到達することが可能となりました。病院前救急医療としてのドクターヘリの意義は早期に現場に救急医・看護師を投入することで生命の危機がある患者に対して救命処置をより早期に開始することであり、その上で迅速な搬送を行うことです。特に外傷では現場から治療を開始することで救命に大きく寄与することができます。病院内で検査をすれば簡単に分かる疾患や外傷であっても現場では身体所見から判断し、必要な処置をしなければなりません。これを可能にするのが救急医です。

また、さらに限られた医療資源の中で最大限の効果が求められる災害時には、救急医学の知識と経験がとても役立ちます。トリアージと必要最低限の治療を行い、一人でも多くの人を救命することを可能にするのも救急医です。このように、救急科は救急医学という地域社会との関わりの深い医学を専門とする医師が地域社会に貢献することを目標として診療にあたっています。