南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

循環器内科

  • 概要
  • 取り組みと実績

診療科紹介

南奈良総合医療センター循環器内科では,虚血性心疾患,心不全,高血圧症(本態性高血圧症,二次性高血圧症),不整脈などの心疾患や,全身の動脈硬化疾患に対する診断・治療を行なっています.
本邦では超高齢化社会を迎えています.南和医療圏でも高齢化が進んでおり課題が山積しています.大きな課題の一つに「平均寿命」と「健康寿命」の解離があります(下図).

健康寿命日常生活に制限のない期間

[出典]厚生科学審議会地域保健健康増進栄養部会・次期国民健康づくり運動プラン策定専門委員会
「健康日本21(第二次)の推進に関する参考資料」p25 

この「平均寿命」と「健康寿命」の差の期間は日常生活に制限があるため,何らかの形で支援や介護を受けなければならず,健康でない期間といえます.この期間をいかに短くし,幸せな人生を全うすることが重要な課題となります.心不全などの循環器疾患はこの健康寿命に影響を与える非常に重要な疾患と考えられます.
この「健康寿命」を伸ばすため,当院循環器内科は,奈良県立医科大学と連携をとりながら,狭心症・心筋梗塞などの動脈硬化性疾患の迅速な治療を行っております.さらに高血圧症の正確な診断と内服の調整,心不全に対する積極的な治療を行っています.脈が遅くなる不整脈に対してはペースメーカの植え込みを行い,その他に治療が必要な不整脈の詳しい検査も行っています.
また,「患者さんから学ぶ」をモットーに臨床研究を行い,世界に向けてさまざまな研究発表を行っています.

対象となる疾患

心筋梗塞,狭心症,高血圧症,心不全,心臓弁膜症,大動脈解離,閉塞性動脈硬化症,不整脈

外来・入院で可能な特殊検査・治療

閉塞性動脈硬化症

当院循環器内科では,当院放射線科と奈良県立医科大学放射線科と連携し,閉塞性動脈硬化症の積極的な治療に取り組んでいます. 
閉塞性動脈硬化症は,足の血管が細くなったり,つまったりして,足に十分な血液を送れなくなる病気です.そのため,「歩行時に足のしびれ,痛み,冷たさ」を感じるようになります.さらに悪くなると,安静時にも症状が現れることがあります.

これらの症状は,「高齢だからしかたない」,「動いたあと休憩すると楽になるから様子をみよう」,「腰痛が原因かも」といったような理由で放置されていることがたくさんあります.
動脈硬化を放置すると,足の血液の流れが悪くなり,足が壊死(腐って死んでしまうこと)してしまうこともあります.足が壊死してしまうと壊死した部分を切断する必要もあり,歩くことができなくなります. 

当院では南和医療圏の皆様の健康寿命を延ばすため,「閉塞性動脈硬化症の撲滅」を目指しています.この病気は早期に発見し早期に治療することで,治癒することができます.また,動脈硬化の結果として足の血管が細くなるため,全身の血管が細くなっている可能性もあり,足の治療を受けることで,さらに狭心症や脳血管疾患を早期に発見することにつながることも知られています.

足の血管が細くなる「閉塞性動脈硬化症」を疑った場合は,速やかに循環器内科をご受診ください.

虚血性心疾患(狭心症)

当院にはシーメンス社の128列CT装置が導入されています.そのCTにより冠動脈の詳しい検査を行うことができます.
狭心症の詳しい検査が可能ですので,検査を希望される患者様は循環器内科をご受診ください.

スタッフ紹介

医師名 守川 義信
役職 南奈良総合医療センター 循環器内科部長 奈良県中和保健所
専門領域 循環器全般,災害医療,スポーツ医学, カテーテル治療
資格・専門医など

奈良県立医科大学臨床准教授
日本内科学会認定内科医・指導医
日本循環器学会認定循環器専門医
日本社会医学専門医
日本救急医学会認定ICLSディレクター
日本救急医学会指導者WSディレクター
日本DMAT隊員・統括DMAT隊員
日本体育協会公認スポーツドクター
日赤災害医療コーディネーター
奈良県DMATコーディネーター
AHA BLSリードインストラクター
AHA ACLSコースディレクター
JMECCディレクター
BHELP世話人
MCLS管理世話人
PhDLSインストラクター

医師名 岡村 昭彦
役職 医員
専門領域 循環器全般,カテーテル治療
資格・専門医など

日本内科医学会会員
日本循環器学会会員
日本心臓病学会会員
日本心筋症研究会会員
AHA BLSプロバイダー
AHA ACLS プロバイダー
JPTECプロバイダー

ペースメーカ遠隔確認

当院では,自宅にいながらペースメーカの確認ができる「ペースメーカ遠隔確認」システムを導入しています.
遠隔確認ができる利点として,①来院回数を減らす,②在院時間を減らす,ことが挙げられます.とくに,遠方からお越しになられる患者様は,来院数を減らすことでさまざまな負担を減らすことができます.ペースメーカのチェックのため6か月毎にご来院いただいておりました患者さんも,12か月毎の確認で十分となります.
新しくペースメーカを植え込まれた患者様が対象となりますが,詳しいことをお知りになりたい患者様は,循環器内科外来をご受診ください.

植込み型心電計

当院循環器内科では,原因不明の失神の診断に使用する植込み型心臓モニタの植込みを行っています.この体内に植え込む心電計は非常に小さく(幅 7.2 mm, 厚さ 4.0 mm, 高さ 44.8 mm),最長で3年間の心電図モニタリングが可能となっています.

ホルター心電図で検査を行っても原因不明の失神や,脳梗塞の原因の一つとされる心房細動の詳しい検査が可能となっています.詳しいことをお聞きになりたい患者様は循環器内科をご受診ください.

臨床研究・業績(研究会,学会,講演)

2016年

学会
  • 守川義信 大規模訓練における情報共有の重要性について.
    堀井学 葛和剛 阿潟濱里枝 山口恭一 南田哲平 西尾博至 西尾健治.
    平成28年2月27日.
    第21回日本集団災害医学会総会・学術集会.
  • Yoshinobu Morikawa, Manabu Horii, Satoshi Konko, Mana Nakao, Maki Fujii, Michitsugu Komeda, Yasutaka Asoda, Yoshifumi Sugimoto, Yasuhiro Takemoto, Yuta Yamamoto, Matahiro Yabuta.
    平成28年2月18日.
    The 80th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society.
講演
  • 発表者 守川義信
    教育講演「局所災害について」 災害時救急活動研修会.9月28日.奈良県広域消防組合五條消防署.
  • 発表者 守川義信
    講演名「災害医療とEMIS」 平成28年度近畿府県合同防災訓練研修会.10月7日.中和保健所.
  • 発表者 守川義信
    講演名「トルバプタンの臨床的意義」 Fluid Management Conference 2016.11月25日.橿原ロイヤルホテル.
  • 発表者 守川義信
    講演名「災害医療とロジスティックス」 奈良県技師協会学術集会.11月27日.奈良県社会福祉総合センター.
原著(和文)

守川義信
さよならポリファーマーシー
処方整理・deprescribingのエッセンス 循環器疾患の処方整理,p 159-168, じほう.

2017年

学会
  • 守川義信 大規模災害訓練時のDMATとの協働訓練の重要性について.
    堀井学 葛和剛  南田哲平 西尾健治.
    平成29年2月15日.
    第22回日本集団災害医学会総会・学術集会.
    名古屋国際会議場.
  • Yoshinobu Morikawa, Manabu Horii, Satoshi Konko, Mana Nakao, Yasutaka Asoda, Yasuhiro Takemoto, Yuta Yamamoto, Matahiro Yabuta.
    The Available Predictor of Diastolic Disorder in Diabetics with Sarcopenia.
    平成29年3月17日.
    The 81th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society.
  • Okamura Akihiko, et al.
    Incidence of myocardial bridge and its cyclic changes during cardiac cycle: An Oct Study.
    平成29年8月26日.
    ESC Congress Barcelona 2017.
  • 守川義信
    糖尿病患者における拡張性心不全とその指標.
    平成29年10月7日.
    第28回日本老年医学会近畿地方会.
    橿原市万葉ホール.
  • 守川義信
    なぜ大規模災害訓練が必要なのか:院外DMAT受援の重要性について.
    平成29年10月24日.
    第45回日本救急医学会総会・学術集会.
    リーガロイヤル大阪.
講演
  • 発表者 守川義信
    教育講演「Phase0から2への災害医療 -ロジスティックスの重要性-」 NEPPAの会
    平成29年1月27日.橿原市(橿原文化会館).
  • 発表者 守川義信
    インタビュー「高齢者入院患者へのサムスカ導入」
    平成29年4月10日.南奈良総合医療センター
  • 発表者 守川義信
    教育講演「災害医療の基本」,「トリアージの基本」 日赤救護班教育研修
    平成29年5月27日.日本赤十字社奈良支部.
  • 発表者 守川義信
    教育演題「熱中症について」,スポーツ研修会,
    平成29年6月4月.橿原運動公園
  • 発表者 守川義信
    教育講演「冠攣縮性狭心症と動脈硬化」 奈良市医師会研修
    平成29年6月8日.奈良市医師会館.
  • 発表者 守川義信
    研修講演「災害の基本」,「トリアージについて」,「ファーストエイド」 奈良市市民教育研修会
    平成29年6月11日.奈良市防災センター
  • 発表者 守川義信
    座談会「脳梗塞の発症と経過.奈良県のドクターヘリ運用について」
    平成29年8月31日 橿原ロイヤルホテル.
  • 発表者 守川義信
    教育講演「災害医療の仕組みについて」.奈良県防災訓練研修会
    平成29年9月6日.奈良県社会福祉総合センター.
  • 発表者 守川義信
    教育講演「災害医療について」.腎臓病教室研修
    平成29年9月7日.奈良県立医科大学研修センター.
  • 発表者 守川義信
    教育講演「ドーピングについて」.奈良県選手団国体研修会
    平成29年9月15日.桜井市民会館.
  • 発表者 守川義信
    一般講演「アルコールと冠攣縮性狭心症」.南和地区病診連携の会
    平成29年10月4日.南奈良総合医療センター看護学校.
  • 座長 守川義信
    特別講演「心不全パンデミック」.南和地区心不全カンファレンス.
    平成29年10月4日.南奈良総合医療センター大会議室.
  • 発表者 守川義信 特別講演「災害活動時等における消防団員の安全管理上の留意点 —消防団と医療の連携をめざして—」. 消防団員等公務災害補償等共済基金全国研修会. 平成29年10月26日.霞が関ビル.