南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

病理診断科

  • 概要

診療科紹介

病理診断科は病理診断を行う病理医と、病理診断に必要な標本を作製する臨床検査技師が勤務している所です。南奈良総合医療センターおよび吉野病院に来院された方々が、適切でレベルの高い医療を受けられるよう、組織診・細胞診・解剖を含めた病理学的な検討を行い、その診断結果を臨床医にお伝えすることを主な業務としています。

臨床の先生方との連携を密にとることによって、より良い診断を提供することを目標にしており、中期的には地域がん診療病院としての機能強化を目指しています。

業務内容

病理組織診断、細胞診断、バーチャル診断等、奈良県立医科大学病理診断学講座との連携を図り業務に取り組んでいます。

病理診断科カンファレンス

消化器外科・消化器内科・病理合同カンファレンス

毎月、火曜日午後6時から開催している。

病理診断科受診

病理診断についての疑義やご相談にも素早く対応いたしますので、積極的にご活用ください。

スタッフ紹介

医師名 畠山 金太
役職 公立大学法人奈良県立医科大学 病理診断学講座准教授
専門領域 医学博士 病理専門医
資格・専門医

死体解剖資格(番号6854)
日本病理学会認定病理医(番号2060)
日本臨床細胞学会認定細胞診専門医
病理専門医研修指導医
日本病理学会会員・評議員
日本臨床細胞学会会員
日本循環器学会会員
日本血栓止血学会会員
日本動脈硬化学会会員
日本癌学会会員

 
病理専門医 1名(毎週火曜日)
臨床検査技師 2名(細胞検査士)