南奈良総合医療センター

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

南和広域医療 企業団

リウマチ・運動器疾患センター

  • 概要
  • 取り組みと実績

診療科紹介

センター設置の目的

リウマチ・運動器疾患センターは、整形外科疾患とリウマチ性疾患を統合的に診療し、さらにリハビリテーションも含めて運動器疾患全般を扱うセンターが必要であるとの目的で設置されています。
そもそも関節痛をきたす疾患としては変形性関節症、腱鞘炎、腱付着部炎などの整形外科疾患をはじめリウマチなどの膠原病性疾患など多岐にわたります。そのため診断治療においてはそれらの疾患を統合的に診療するところが必須となります。また内科や眼科、皮膚科などにまたがる合併疾患を有することも多く、そのため整形外科医や膠原病内科医、他科の医師が連携して診療を行うことが必要です。
さらに近年、関節リウマチ治療においては、生物学的製剤などの新たな薬物療法の登場に伴い格段に進歩してきました。また高いQOL(生活の質)を目指して手術療法も発展を続けており、より正確な関節の評価、治療が求められるようになってきました。その一方で、治療法の発展に伴い併存疾患の管理や合併症の予防など、安全性に対する配慮も重要性を増してきました。患者様が病気に煩わされずに日常生活を送れるよう、看護師や薬剤師、リハビリテーション部門と連携し細やかなケアにあたることも不可欠となっています。

対象となる方・疾病

運動器の腫脹や痛みをおこす整形外科関連および膠原病関連疾患
  • 関節リウマチ
  • 関節リウマチ類縁疾患
    リウマチ性多発筋痛症、RS3PE症候群、成人発症スティル病、強直性脊椎炎、乾癬性関節炎など
  • 膠原病
    全身性エリテマトーデス、シェーグレン症候群、全身性強皮症、多発性筋炎/皮膚筋炎、混合性結合組織病、ベーチェット病、多発血管炎性肉芽腫症、再発性多発軟骨炎、IgG4関連疾患、抗リン脂質抗体症候群など
  • 運動器に疼痛をきたす鑑別が困難な疾患 結晶性関節炎(痛風、偽痛風など)、変形性関節症、腱鞘炎、遺伝性血管性浮腫、線維筋痛症、など

診療をご希望の患者様へ

現在他院にて診察を受けられている方は担当医より地域連携室を通じて診察予約を取得していただき、紹介状をご持参ください。疾患の診断には現在までの治療経過や検査結果が非常に重要な資料となることが多く、可能な限り診療情報を持参して頂くようお願いいたします。 他院へかかられていない場合は、当院整形外科・リウマチ運動器疾患センターにて毎日初診外来を設けておりますので診察時間内に受診ください。(病状により院内の他医師へ紹介を行う場合があります)

スタッフ紹介

医師名 小畠 康宣(こばた やすのり)
役職 リウマチ運動器疾患センター長、副院長
資格・専門医

平成3年 奈良県立医科大学卒業
 
日本リウマチ学会専門医、指導医、評議員
日本リウマチ財団登録医
日本整形外科学会専門医・認定リウマチ医,
日本手外科学会専門医、代議員
医学博士,奈良県立医科大学臨床教授
 

医師名 藤本 隆(ふじもと たかし)
役職 リウマチ運動器疾患センター非常勤医師               奈良県立医科大学リウマチセンター病院教授
資格・専門医

日本リウマチ学会認定専門医、指導医
日本リウマチ財団登録医
日本内科学会認定内科専門医、指導医
近畿地方会評議員
日本腎臓学会認定専門医、指導医、評議員
日本循環器学会認定専門医

医師名 門野 邦彦(かどの くにひこ)
役職 整形外科部長、日本リウマチ学会会員
医師名 中野 健一(なかの けんいち)
役職 整形外科医長、日本リウマチ学会会員
医師名 富和 清訓(とみわ きよのり)
役職 整形外科医員
医師名 西川 勝也(にしかわ かつや)
役職 整形外科医員
医師名 東 由貴(ひがし ゆき)
役職 整形外科医員
技師名

北村 亨、堀口 元司

所属

リハビリテーション部(理学療法士、作業療法士)

技師名

畠山 雅子、岡本 亜紀、高山 香代、山口 美千子、櫻井 美和子

所属

看護部(整形外科外来担当看護師、化学療法室担当看護師)

関節リウマチ・膠原病について

リウマチ膠原病性疾患は治療薬の進歩でめざましい治療成績の改善が見られており、従前のような難治性疾患ではなくなってきています。そのため早期診断早期治療の必要性が強く強調されており、一刻も早い専門的診療の開始が必要とされます。
しかしながらリウマチ膠原病疾患を診療する病院施設は奈良県内では未だ限られており、いままでは南和地域の患者様は奈良県立医科大学附属病院リウマチセンターのある橿原市や香芝市まで診療を受けに行く必要がありました。今回南奈良総合医療センター発足にあたり患者様の利便性と奈良県全域の診療体制の構築のためリウマチ膠原病性疾患の診療体制を有するセンターを発足することになりました。
リウマチ性疾患は関節痛や関節腫脹にて発症し一般整形外科へ受診されることが多いのですが、疾患の鑑別には専門的経験を要することもありそれらを整形外科ならびに膠原病内科をシームレスに診断・治療が可能なセンターによる診療が望ましいと考えられます。
当院ではリウマチ膠原病内科の専門医である奈良医大リウマチセンターの藤本教授を招聘し内科的専門診療にあたるとともにセンター長の小畠ならびに整形外科医師がリウマチの内科的・整形外科的診療を行っており、生物学的製剤などについてもほぼすべての薬剤を投与管理しています。また合併症管理で必須である呼吸器内科や感染症内科、循環器内科、眼科などの専門診療医も常勤配置されており連携し診療にあたっています。さらに24時間365日救急応需体制も相まって万全の体制で患者様をお迎えできる体制となり、徐々に近隣の地域からご紹介頂いた患者さんが増加している現状です。

施設の実績

リウマチ運動器疾患センター(整形外科を含む)

平成28年度下半期実績

1日平均入院患者数 57.4人
1日平均外来患者数 86.4人
手術数 342件(うち緊急手術59件)
平均在院日数 約16.4日
リウマチ膠原病疾患患者数 178名(うち関節リウマチ148名)