五條病院

文字の大きさ

  • 標準
  • 拡大

背景の色

  • 電話番号:0747-22-1112
  • アクセス

南和広域医療 企業団

病棟のご案内

3階病棟のご案内

病棟師長からひと言

3階病棟は一般病床31床・地域包括病床14床で運営しています。
内科・整形外科疾患の患者さんを中心に、急性期治療を終え在宅療養への移行準備やリハビリを必要とする方、レスパイト入院(在宅介護をする介護者の休息、疾病やけが、冠婚葬祭などの事情に応じて、医療保険で短期入院を受け入れる制度)の方を受け入れています。
また、医師、看護師、管理栄養士、理学療法士、言語聴覚士などの多職種と連携を図り、少しでも経口摂取し退院できるよう摂食嚥下療法に力を入れています。
患者さんや家族さんの望む生活の場にできるだけ帰っていただけるよう、退院支援を中心に援助させていただきます。
また、入院中は少しでも快適な入院生活を送っていただけるよう屋外への散歩や季節のレクレーション・リズム体操(毎日)などを企画・運営しています。
3階病棟師長 中南 道子(なかみなみ みちこ)

3階平面図

3階スタッフステーション

病室の一例(個室)

新人看護師からひと言

先輩方の温かく丁寧なご指導を頂きながら毎日働いています。
患者さんに、少しでもより良い看護が提供できるように知識と技術を高めていきたいと思い努力しています。
(平成30年度採用)3階病棟看護師 梅田 沙綺
先輩看護師さんから丁寧な指導を受けながら、頑張っています。
まだまだ未熟ですが、患者さんから信頼が得られる看護師になれるように頑張りたいと思っています。
(平成30年度採用)3階病棟看護師 中井 聖里菜

デイルーム

11時からのリズム体操

摂食嚥下ラウンド(毎週月曜日 )

桜の木の下までお散歩

桜の木の下までお散歩

4階病棟のご案内

病棟師長からひと言

4階病棟は平成30年4月1日から、療養病棟20床で運用を開始し、同11月1日からは26床で運用しています。
療養病棟とは、一般病棟での治療により病状が安定したものの更に治療の継続が必要な方が入院する病棟で、対象者は、治療と介護が長期的に必要な、高齢者、難病の方などです。
病棟では安心・安全な医療と看護が提供できるよう医師と看護師が毎日回診を行い、情報共有しながら全身管理を行っています。
看護部では『看護師と看護補助者が協働で家族と交流をもち、療養生活を支援できる』を目標にしています。家庭的な温かい雰囲気を作れるように、家族の方との交流もしっかりと図っています。
褥瘡(床ずれ)予防では、研修を受けた専任の看護師を配置して、適切なマットの選択やケースカンファレンスを行って予防・対策をしています。
また、南奈良総合医療センターの皮膚科医師による褥瘡回診や皮膚・排泄認定看護師とも連携して、それぞれの病状に合った治療を行っています。
食事については、医師・管理栄養士と連携して本人・家族のリクエストを取り入れながら食べる楽しみも大切にしています。
4階病棟師長 西川 富子(にしかわ とみこ)

4階平面図

病室の一例(個室)

病棟主任からひと言

私たち看護師・看護補助者は、単調な日々の療養生活の中にも、楽しみや気分転換などができるような機会を設け、その人らしい療養生活ができるようサポートしていきたいと考えています。
例えば、お誕生日カードを作成し、みんなでお祝いをしたり、桜の季節はお花見をしながら散歩するなど、スタッフ一同、笑顔のあふれる病棟を目指しています。
4階病棟主任 五十實 桃代

診療受付時間

受付時間
午前8時30分~午前11時30分
(診察は午前9時から)
休診日
土曜日、日曜日、祝日
国民の休日および年末年始