ページの先頭です

五條病院 レスパイト入院のご案内

[2017年12月11日]

レスパイト入院

レスパイト入院とは

 レスパイト(respite)とは、「一時休止」「休息」「息抜き」という意味の英語です。

 「レスパイト入院」とは、在宅介護をする介護者の休息をはじめ、疾病やけが、冠婚葬祭などの事情に応じて、医療保険で短期入院を受け入れる制度のことです。

 五條病院では、「レスパイト入院」に対応しておりますので、どうぞお気軽にご相談ください。


受け入れ可能な方

 かかりつけ医、ケアマネジャーからの要請がある患者さん が対象です

  • ショートステイや、デイサービス等を受けにくく、介護が必要な方
  • 医療保険適用の方
 当院でお引き受けできるレスパイト入院の対象は、介護保険によるショートステイの利用が困難な、医療的管理をされている方の短期間の入院です。

 以下の患者さんにつきましても、患者さんの状態により受け入れ可能です。ご相談ください。       
  • 地域の医療機関で在宅医療を受けており、定期的なメディカルチェック※を要する患者さん
  • 高齢のがん患者さん
  • 気管切開を受けられた方
  • 胃ろう等、経管栄養または静脈栄養の方(口からの食事ができない方)
  • 自力歩行や排泄ができない方

 ※メディカルチェック:採血やレントゲン、必要に応じてCTやエコー等


申し込み~入院までの手順

【かかりつけ医の先生、ケアマネジャーの方】

 かかりつけ医の先生、ケアマネジャーの方からの入院予約のお申し込みは下記の流れとなりますので、ご利用の程、よろしくお願いいたします。

  1. 五條病院 地域医療連携室へ、電話(0747-22-1112)にて紹介依頼をお願いします。
  2. 「診療情報提供書(貴院でお使いの様式)」を、FAX(0747-25-2860)してください。 (「看護サマリー」を作成可能な方は、一緒にお送りください。)
 受付時間:平日(月曜日~金曜日)午前9時~午後5時 (祝日及び年末年始を除きます。)
 なお、FAXは24時間受信しておりますが、時間外のお申込みにつきましては、翌診療日(休日の場合は休日明け)の受付となりますのでご了承ください。

【当院 地域医療連携室では】

  1.  ご提供いただいた「診療情報提供書」、「看護サマリー」をもとに、入院調整会議で受け入れ可否の判断をいたします。
  2. 会議終了後、受け入れの可否を、依頼元の医療機関、またはケアマネジャーさんにお知らせします。
  3. 初回は、受け入れ前にご家族と面談をさせていただきます。

【ご家族の方】

  1. 入院日は、午前10時に、当院1階「総合受付」へお越しください。(診療情報提供書(原本)、看護サマリー(お持ちの方)をご持参ください。)
  2. 外来にて診察後、病棟にご案内いたします。


当院レスパイト入院のルール

  • 入院期間は、原則1週間以内です。
  • 次回利用までの期間は、8週間をいただきます。
  • レスパイト入院中は、原則としてリハビリ等は行いません。
  • 入院時の内服薬、注入食等は各自ご準備いただき、入院中はご持参分を使用させていただきます。


地域の皆さまへ 【地域医療相談室のご案内】

 五條病院地域医療連携室では、レスパイト入院や、在宅・入院療養に関するご相談をお受けしています。

 地域医療相談室の詳細については、こちら(別ウインドウで開く)をご覧ください。


【レスパイト入院相談】

 地域医療連携室に、電話(0747-22-1112(代表))にてご相談ください。

 なお、介護サービスを利用しておられる方は、担当のケアマネジャーさんに報告のうえ、ご相談ください。

 受付時間:平日(月曜日~金曜日)午前9時~午後5時 (祝日及び年末年始を除きます。)

【療養相談】

 当院に通院中、または入院中の患者様において、病気に関して起きている様々な問題や心配事について、ご相談に応じています。個人の秘密は厳守していますので、どうぞお気軽にご相談ください。

 受付時間:平日(月曜日~金曜日)午前9時~午後4時 (祝日及び年末年始を除きます。)
 場所:2階地域医療連携室

お問い合わせ先

南和広域医療企業団 五條病院

   電話:0747-22-1112(代表)

   FAX:0747-25-2860

組織内ジャンル

五條病院