ページの先頭です

五條病院 「療養病棟」のご案内(平成30年4月開設)

[2018年4月1日]

医療と介護をおつなぎします

「療養病棟」のご案内

 五條病院では、平成30年4月から、これまで休止していた4階を「療養病棟」として運用しています。

 当院の基本目標のひとつである「地域に密着した医療を展開し、地域包括ケア社会の推進に努める」ことを目的に、慢性期療養機能として「療養病棟」を開設しました。

 病気やけがによる急性期の治療が終わっても、退院に向けた準備期間が必要な方は少なくありません。患者さんに安心して退院していただけるよう、新たな病棟で、お手伝いします。

療養病棟とは?

 療養病棟とは、急性期(一般病床)での治療後、引き続き病院での治療が必要で、自宅や施設等への退院が困難な方が入院するための病棟です。

入院対象となる患者さんは?

 医療必要度が高く、長期の療養が必要な方です。具体的には、中心静脈栄養、気管切開、酸素療法、頻回な痰の吸引が必要な方等です。

入院期間および入院費は?

 入院日数の制限はありませんが、医師が在宅あるいは施設での生活が可能と判断するまでの期間です。(終身対応ではありません。)

 一日あたりの入院費は定額(療養病棟入院基本料)です。厚生労働省が定める医療区分等の判断基準により、患者さんの個々の状態に応じて費用が異なります。お薬や注射、簡単な処置、検査は一部を除いて費用に含まれます。(食事代、個室利用料、入院セット、おむつ代などは別料金となります。)
療養病棟のイメージ

【入院にあたって】

※療養病棟への入院にあたっては、患者さんの病状等を元に、院内の判定会議で協議の上、決定します。詳細は、病院職員にお尋ねください。

【お問合わせ先】

南和広域医療企業団 五條病院 地域医療連携室 ☎0747-22-1112

「療養病棟」リーフレットのダウンロード

組織内ジャンル

五條病院